Home > お天気山行日記 - 索引 > 予報士Fun
北岳(3192.4m) テレマークスキー
2019年 5月11〜12日

5年前に登頂できなかったので、再挑戦。
【山域】 南アルプス
【日時】 2019年 5月11-12日
【コース】 夜叉神トンネル - 広河原 - 旧登山道 - 二俣 - 八本歯のコル - 北岳 - eガリーの横(?)滑降 - 二俣(幕営) - 広河原 - 夜叉神トンネル
【メンバー】 単独
【天気】 5月11日 晴れのち曇り、午後一時雪or雨


--- 二俣付近 ---

5時半に広河原発。スキーを担いで、大樺沢の夏道を登っていくが、途中、沢を渡る橋がまだ懸けられていない。飛び石を使って渡れなくもないが、左岸沿いの旧道を行くことにした。手入れされていないので、背中のスキーが木などに引っかかって鬱陶しい。
1850m辺りから雪渓になったので、沢に下りた。しばらくツボ足で登って、1960m辺りからスキーを履いてシール登高。
2510m辺りからデブリが酷くなり、傾斜もきつくなってきたので、またスキーを担いで、アイゼン登高にしたが、これは失敗。数日前の新雪が日射で緩み、足がズブズブ沈んで効率が悪く、体力を消耗した。

05月11日09時 地上天気図(クリックで拡大)

天気が次第に悪化してきた。
東西に伸びる高気圧に緩く覆われ、大気が安定している朝夕や夜間はよく晴れている。
しかし、高圧帯は北に偏っており、南岸にある小さな低気圧の前面及び南東方の高気圧の後ろ側を回り込む気流によって暖湿気が南から流れ込み、日射による対流によって大気の動きが盛んになる日中、特に午後は、大気はやや不安定。
高層にトラフや寒気はないので天気はひどく崩れはしないが、案の定、層積雲や乱層雲が出てきて、空は暗くなり、南方の山は黒く霞んできた。

--- 八本歯のコル付近から頂上。手前の斜面を滑った ---

八本歯のコルからも北岳は遠い。途中でスキーをデポ。頂上付近で雪が降り始めたので、頂上では写真を撮ったらそそくさと下山。 スキーデポの所でスキーを履き、少し尾根を滑ってからeガリーの横(?)のそこそこ急な斜面を滑降。上部は快適だったが中部ではデブリが多く、ちょっと難儀。
頑張ればこのまま下山することも可能だったが、夜叉神トンネルまでは遠いので、二俣付近で1泊して、翌朝下山。
(正直に書くと、翌日は再度八本歯のコルへ登って間ノ岳へ足を伸ばすつもりだったが、ある事情により、また気力が萎えたことにより、中止して下ることにした)



予報士Fun