Home > お天気山行日記 - 索引 > 予報士Fun
塩見岳(3045m)・千丈岳(3033m) 周回
2019年 8月10〜12日

延々の林道歩き、多くの水を背負っての登りなど、きつい行程だったが、楽しく気持ちのよい充実した山行だった。
【山域】 南アルプス
【日時】 2019年 8月10〜12日
【コース】  8月10日 晴れのち時々曇り 柏木 -[自転車]- 長谷杉島ゲート - 塩見新道入山口 - 権衛門山 - 塩見岳との鞍部付近(ビバーク)
 8月11日 晴れのち曇り一時雨 塩見岳との鞍部付近 - 塩見岳 - 北荒川岳 - 熊ノ平 - 三峰岳 - 野呂川越 - 高望池(ビバーク)
 8月12日 晴れのち時々曇り 高望池 - 大千丈岳 - 千丈岳 - 地蔵岳 - 松峰 - 柏木
【メンバー】 単独


8月10日
08月10日09時 地上天気図(クリックで拡大)

地蔵尾根の末端、柏木集落の登山口Pに車を置き、5時に自転車で長谷杉島ゲートへ移動。ここに自転車を置いて、長い林道歩きが始まる。以前は大曲まで車で入れたようだが、三峰川第二発電所の少し手前で路肩が大きく崩れているところがあって、発電所の車が取り残されていた。その先も何ヶ所か崖崩れがあって、これでは車は入れない。
大曲を過ぎるとさらに林道は荒れていて、何ヶ所も崩れている。立ち木を巻き込んで崩れているところなどでは上や下に大きく巻く必要があった。 約20km歩いて、塩見新道入り口の大黒沢出合いで水をたっぷり汲み、重くなったザックを背負う。
踏み跡をたどって急な道を登る。ずいぶん上ったなと思った頃、1合目の標識があってがっかりする。2合目、3合目も遠かった。尾根まで上がると、倒木が多くて難儀。

太平洋高気圧に覆われているが、台風から送り込まれる暖湿気によって、大気はやや不安定。午後になると雲が多くなってきたが、雨が降ることはなかった。

その後ひどくばててしまい、数歩ごとに休憩するありさま。権右衛門山を過ぎたところで力尽き、ビバーク。


8月11日
--- 塩見岳を振り返る ---

ヘッドランプを点けて、4時半スタート。塩見岳の登りでグレートトラバース3の撮影隊に遇う。ここから北荒川岳あたりまで前後しながら進んだ。田中陽希さん本人の体力もすごいが、撮影クルーの体力にはさらに感心させられる。
塩見岳頂上で素晴らしい景色を楽しんだ後、千塩尾根を熊ノ平へ向かう。この草付きの尾根は、いかにも南アルプスらしくて好きだ。

--- 間ノ岳と三峰岳(左の突起) ---

熊ノ平でたっぷり水を汲んで、三峰岳へ。荷物が肩に食い込み、重い。三峰岳から野呂川越までは長かった。

08月11日09時 地上天気図(クリックで拡大)

昨日より太平洋高気圧の張り出しが弱くなって、大気が不安定。東方の低気圧から西に延びる前線は本州まで届いていないが、中部地方の等圧線は蛇行していて、弱い前線があるのかもしれない。野呂川越までの間で、それぞれ短時間だったが何度か雨に降られた。

今日もかなり疲れたが、頑張って高望池まで足を延ばし、ここでビバーク。熊ノ平から重い水を運んだのに、西側へ僅かに下ると水が出ていた。水が有るか無いかは不確実だったので仕方がない。


8月12日
--- 今日下る地蔵尾根。右端が千丈岳。大千丈岳から ---

今日も4時半出発。深い樹林帯をしばらく我慢して進むと、急に森林限界上に出て、千丈岳が目に飛び込む。振り返ると、北岳から塩見岳への稜線が雄大だ。
二重山稜を見ながら急斜面を登ると、大千丈岳。気持ちのよい山頂。いったん下って登り返すと、多くの人でごった返す千丈岳山頂。荷物も置かずに下山開始。
藪沢カールを見ながら下る途中で休憩し、地蔵尾根へと左折。

08月12日09時 地上天気図(クリックで拡大)

今日も昨日と同じような気圧配置。さっさと下ってしまいたいが、長い長い尾根だった(毎日そうだったけど)。


予報士Fun