Home > お天気山行日記 - 索引 > 予報士Fun
燧ヶ岳(テレマークスキー)
2020年 2月15日

国道の除雪がされていないので檜枝岐村上ノ原から歩く必要があるが、ここ数日暖かかったので深雪はないと予想。
【山域】 南会津
【日時】 2020年 2月15日
【コース】 上ノ原 - 七入 - ぶな平 - 掬平 - 東ノ田代 - 俎ー - (往路とおぼ同じ) - 上ノ原
【メンバー】 単独
【天気】 晴れ時々曇り


--- 掬平で山頂がきれいに見えた ---

uenohara

除雪終了点の上ノ原を4時半に出発、雪の国道を歩く。夜間晴れていたが、それほど寒くない。
下弦の月が雲間から出てきて助かる。1時間と少し歩いて、七入。いつものように大きく回り込む道路をショートカットして、ぶな平へ上がる。前回と違って、雪は良く締まっていて、楽に歩ける。やはりここ数日の暖かさのせいだろう。
今まで何度も登っているが、今回は過去通ったことのない掬平を通ってみた。こじんまりとした湿原(今は雪原)だが、気持ちが良いところだった。

02月15日09時 500hPa高層天気図(クリックで拡大)

日本の中部と朝鮮半島北部に気圧の尾根があって、冬型気圧配置が緩んでいる。日本付近の風は西南西流となっていて、暖気が入ってこの季節とは思えないような気温になっている。
だが、中国東北区には寒冷渦があって、東に進んでいる。その南側、華南には気圧の谷があって、これも東に進んでいる。
この好天も今日限り、明日には日本海と南岸の低気圧のせいで荒れた天気になりそうだ。さらにそのあとは寒気が入って、降雪が期待される。

--- 山頂から尾瀬ヶ原と至仏山を望む ---

メラッパシ田代、東ノ田代、熊沢田代を通って、さらに無木立斜面を登ると山頂。上部は氷化していてクトーを使用したが、ちょっと緊張した。
山頂からは360度の展望が得られ、風は強かったが充実感が得られた。

--- テラテラ ---

下り、上部は氷化していて、ターンに気を遣う。少し下った谷状のところでは楽しく下れた。
熊沢田代の前後はモナカ雪。ボーゲンで表面をなめるようにして何とかターン。さらに下って東田代の下になると、新雪が柔らかいまま融けたずっしり重いグズグズの雪でスキーが回らず、難儀。


p.s.
帰りに、木賊温泉に寄った。昨年10月の台風による大雨で共同風呂の小屋掛けが流されたが、年末に湯舟だけは復元されて、今年1月24日には自分も入らせていただいた。ところがその直後の1月29日にまた大雨があって、湯舟も周りのコンクリートの囲いも無くなってしまっていた。過去数十回使わせていただいただけに、非常に寂しい思いをした。


予報士Fun